top

menu

自分に合ったお墓探しの3つのポイント

自分に合ったお墓を選ぶための3つのポイント

お墓の購入は生涯に一度あるかないかの機会であり、普段から関心を持っている方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?
いざその時になって、どうしたらよいかと戸惑われる方は少なくないでしょう。
そもそも、お墓にはどのような種類があるのでしょう?
その中から自分にあったお墓を探すにはどうしたらよいのでしょうか?
ひとくちにお墓と言っても、その種類は多様です。
まずは基本的なお墓の種類について知っておきましょう。

お墓の種類とは?

お墓には色々な種類がありますが、分かりやすく「民営霊園」「公営墓地」「寺院墓地」「納骨堂・永代供養墓」「樹木葬」に分類してみました。

民営霊園とは?

宗教の制約がなく、申し込みは随時OK、価格帯は立地条件や施設・サービスの充実度により様々で、多種多様の選択肢があると言えます。
また、管理人が常駐しており、清掃や植栽の手入れなど、管理の行き届いている所が多いのが特徴です。
洋風の霊園や和風の霊園、お花や緑に囲まれた霊園等、それぞれに個性があり、区画のバリエーションや墓石デザインも豊富なため、数多くの選択肢の中から自分の好みに合った霊園を選ぶことができます。
民営霊園

公営墓地とは?

自治体が運営する霊園であり、こちらも宗教の制約はありません。
歴史や知名度があること、管理料の安さなどの理由から大変人気があります。
しかし申し込みには自治体ごとの様々な条件があり、多くは抽選で使用者が選ばれるため、希望区画を選ぶことはできません。
また「返還墓地」と言って、以前に他の方が使用したお墓を更地に戻し、再募集している場合も多くあります。
経営母体は自治体であるため安心ですが、管理状態は自治体ごとにまちまちなのが現状です。
霊園自体も古く、整備の行き届いていない場合がありますので、事前の確認が重要と言えます。
Gongyinglingyuan

寺院墓地とは?

寺院墓地とは、お寺の境内にあるお墓の事です。
一部には宗派を問わず利用できる場合もありますが、そのお寺の檀家になるなど、ほとんどの場合、宗教上の制約があります。
申し込みは随時可能ですが、ご住職との面談が必要になることもあります。
自身の宗派で手厚く供養してもらえますし、法要などもご住職に相談できるため安心ですが、そのお寺の宗旨・宗派に沿った行事に参加することや、お布施といった寄付が必要になる場合もあります。
どのようにお付き合いをしていくかはお寺により様々ですし、経営や管理の面でもお寺ごとに若干差がありますので、事前の確認が大切です。
寺院墓地

永代供養墓・納骨堂とは?

供養のかたちは現代のニーズに合わせて、多種多様に変わってきています。
お墓の継承者がない方や、個人・ご夫婦だけで供養したい方には安心と言われる永代供養墓。
小型の墓石タイプのものやロッカー式のものなど、最近では様式も価格も様々なものがあります。
ただし、多くの場合、ご遺骨を預かる期間には限りがあり、期間満了後は他の方のご遺骨と一緒に合祀されることになります。

樹木葬とは?

墓石ではなく樹木を墓標として供養するお墓です。
「自然と共に眠りたい」と考える方々に好まれ、永代供養墓の一種として近年注目を集めています。
こちらも形態や価格設定は様々です。

お墓選びの3つのチェックポイント

いろいろなお墓の種類について解説しましたが、ここからはご家族やご自身にとってどんなお墓が良いのか、様々な視点から考えてみましょう。

1.立地・交通アクセス

◎自宅からの距離は?
◎電車やバスでのアクセスは?
◎車で行く場合のルートと所要時間は?
立地やアクセスは重要なチェックポイントですが、お墓参りの頻度により必須条件は変わってきます。
年に数回であれば駅やバス停から遠くても気になりませんし、タクシーを利用してもOK。
将来、歳をとって車を運転しなくなった時のことも考えておきましょう。

2.環境

◎閑静な環境にあるか?
◎陽当たりや風通しは良いか?
◎バリアフリーになっているか?
実際に足を運んでお墓を見学することはとても重要です。
目で見て、耳で聞いて、園内を歩いて雰囲気を感じてみましょう。
天候や時間帯によっても印象が違うので、何度か足を運ぶのもおすすめです。
他の霊園との違いも意識して見ると、お墓を選ぶ際の良い材料となります。

3.設備・サービス

◎管理事務所には管理人が常駐しているか?
◎売店では線香・供花・飲物等の販売があるか?
◎法要施設は併設されているか?
◎お盆やお彼岸時でも台数に余裕のある駐車場があるか?
◎送迎バスの運行はあるか?
お墓だけではなく、その他の設備も併せてチェックしておきましょう。
特に民間霊園は墓所によって様々な特徴があります。
設備・サービス施設・サービス
お墓を選ぶ際には以上のようなポイントを意識しておくと良いですが、お墓の種類がたくさんある上に特徴も様々です。
大きな買い物だけに、価格ばかりを重要視し過ぎると後悔する結果にも繋がりかねません。
まずは希望条件に優先順位を付けて整理してみると、理想のお墓のイメージが見えてくるのではないでしょうか?

良いお墓とは、人それぞれ違うものです。
ご自身だけでなく、後を継ぐ方との考えが一致しているかどうかも大切です。
後悔しない、納得のいくお墓選びをしてください。

お墓の選び方についてはこちらも併せてご覧ください。
⇒お墓探しの「いろは」
⇒墓地選びの心得

お墓選びのもうひとつのポイント
⇒石材店選びについて詳しくはこちら

資料請求・お問い合わせ
お墓探しQ&A 石長LINEアカウントのご案内