墓地選びの心得

自分や家族に合ったお墓か、
見定めることが大事です。

墓地を選ぶポイントは、「どんなお墓」をつくるか、何が必要で、どれだけ満たされていれば良いかをご家族と十分に話し合い、意見をまとめることが大切です。

  • どんな墓石が建てられるのか

    大きさや、デザインなど、墓地(区画)を選ぶと同時に制約ができてしまう「墓石のかたち」。
    場所を決めて、いざ墓石づくりとなった時に、実は希望にかなう墓石が建てられない規定があった…などとならないよう、どんな墓石にしたいか、かたちや色をイメージしておくと理想的なお墓づくりができます。

  • どんなタイプの墓地があるか

    取り扱われている区画タイプは霊園により様々です。
    お花で飾れるタイプが良いとか、ペットも一緒に埋葬できたら良いとか、希望がある場合はそれも考慮して選ぶと具体的な絞り込みができます。

  • 立地、交通の便はどうか

    お墓を建てたあとはお墓参りのために足を運ぶことになります。どのような手段でお墓参りをするのか、また、その頻度を想定して場所を選びましょう。

  • 園内や区画の雰囲気、周辺の環境はどうか

    区画の陽当たりや水はけの状態、周辺は心静かにお参りができる環境や景観であるかどうかも、墓地を選ぶ際の大切な要素です。
    海の近く、山が見えるなど、ロケーションにこだわってみるのも選び方のひとつです。

  • 墓地の種類や宗旨・宗派の条件

    手厚い供養をしてくれるお寺が良いのか、施設が整った公園墓地が良いのか、市区町村が運営する霊園が良いのか、墓地はその形態によりそれぞれ特徴があります。
    公営霊園や民間霊園のほとんどは、宗旨・宗派に条件はありませんが、寺院墓地を求める場合は、そのお寺の宗派とあっているかを確認しておく必要があります。

  • 施設や管理体制はどうか

    管理事務所はどのようなことをサポートしてくれるか、法要施設・駐車場・休憩室などの施設はどのようなものがあるか、バリアフリーへの配慮はされているかなど、将来も安心して快適にお墓参りができる設備が整っているかも大切なポイントです。

  • 墓地の維持管理費も事前に検討

    お墓は、購入する際にかかる永代使用料、墓石工事代の他に、墓地内の維持管理のために継続的に管理費がかかります。
    毎年決まった金額を納めることになりますので、どのくらいが許容範囲か検討してみましょう。

お墓購入の手引き
お墓選びで失敗しないためには
創業四百年 石長

私達は、慶長9年(1604年)の創業以来400年余りに渡って、
石工の技を受け継ぎ、伝えてきました。墓所のご要望や墓石のご希望をお伺いし、
その方にあったお墓のプランニングを行っています。

石長とは