お墓の修理・リフォーム

代々受け継がれる大切なお墓。
必要に応じて適切な修理・修復を。

今あるお墓を修理、修復し、再生することを「お墓のリフォーム」と言います。

  • ・傷んだお墓を新しくして付属品も設けたい
  • ・古くなってしまったが全てを替えるのは抵抗がある
  • ・良いものだから手入れをして長く使いたい
  • ・自分もお墓を継いだ者の証として何か残したい

このような方には、お墓のリフォームが適しています。
お墓は代々に受け継がれるもの。大切なお墓でお困りのことがございましたら何でもご相談ください。お客様に合った最善の方法を見つけます。

お墓の修理の注意点

地震や天災などの影響で損傷してしまったお墓は、見栄えだけでなく安全面の上から、修理・修繕することをお勧めいたします。墓石の欠けや亀裂、傾きなどの状況により修理の内容が変わりますので、まずはお電話または、お問い合わせフォームよりご相談ください。
また、石長では地震に配慮した施工を行っております。詳しくはお問い合わせください。

お墓のリフォーム事例

  • 事例01:外柵の交換

    大谷石外柵

    御影石外柵

    傷んだ外柵の例

    欠けている

    亀裂が入っている

    さびによる変色

    風雨の浸食で風化した外柵まわりは、墓碑全体まで汚れて見えるものです。
    外柵をしっかり修繕して、清潔感を保ちましょう。

  • 事例02:内砂利の交換

    砂利の色を変えるだけでなく、石貼りにすると、雑草も生えにくく、お手入れが楽になります。

  • 事例03:磨きなおし

    長年の風化による艶のひけや変色は、墓石の表面を磨き直すことで、また美しくよみがえります。

  • 事例04:拝石・香炉の交換

    古くなって傷みが目立ってきた拝石は白御影石に。香炉は墓石と同色系の御影石に交換。土間には砂利を敷きました。

  • 事例05:花立の交換

    ラッパ型の花立を落とし込み型に交換しました。

  • 事例06:カロート内のリフォーム

    お骨を納めるカロートはお墓の大事な部分です。
    コンクリートのカロートを御影石貼りにしました。

追加彫刻

お墓は、一度建立してしまえばそれで終わりというものではありません。
戒名の追加彫刻や家紋、イラストの彫刻なども承ります。

お墓クリニック
創業四百年 石長

私達は、慶長9年(1604年)の創業以来400年余りに渡って、
石工の技を受け継ぎ、伝えてきました。墓所のご要望や墓石のご希望をお伺いし、
その方にあったお墓のプランニングを行っています。

石長とは