お墓を建てる時期

お墓を建てる時期に決まりはありません。
大切なのは、供養の気持ちです。

一般的には、四十九日や年忌法要、お彼岸や祥月命日などの親族や関係者の集まりやすいときに合わせてお墓を建て、納骨式と開眼供養を同時に済ませることが多いようです。
また、遺される家族への負担を少なくするためと、自分で納得のゆくものをつくりたい気持ちから、現在は生前建墓という考えでお墓を建てる方も増えています。
いざという時に慌ててお墓探しをするよりも、気持ちや時間のゆとりがあるうちに家族とお墓のことを相談しておくと良いかもしれません。

  1. 生前建墓

    近年、生前にお墓を建てる方が増えています。
    家族に経済的な負担をかけずに済むだけではなく、相続税や固定資産税の課税対象外ですので、生前にお墓を建てることで節税にもなります。
    また、もしもの時に良い墓地がすぐに見つかるとも限らないので、自分で納得できるお墓を建てたいという方は、余裕を持って準備されると良いでしょう。
    仏教では、生きているうちに自らの供養のためにお墓をつくることは功徳の高いこととされています。

お墓購入の手引き
お墓選びで失敗しないためには
創業四百年 石長

私達は、慶長9年(1604年)の創業以来400年余りに渡って、
石工の技を受け継ぎ、伝えてきました。墓所のご要望や墓石のご希望をお伺いし、
その方にあったお墓のプランニングを行っています。

石長とは