寺院墓地 宗旨・宗派不問 京都府京都市

黄梅院(大徳寺塔頭)

名称 黄梅院(大徳寺塔頭)
住所 京都府京都市北区紫野大徳寺町83-1
墓地形態 寺院墓地
宗教・宗派 宗旨・宗派不問
資料請求

お電話での資料請求はこちら

0120-08-1482

0120-08-1482

お電話受付時間 9:00~20:00まで

消費税増税

臨済宗大徳寺派大本山塔頭のひとつとして知られる黄梅院。
その名称は中国禅宗の五祖・弘忍大満のゆかりの地、中国黄梅県破頭山東禅寺に由来しています。
貴重な文化財も数多く所蔵されていることでも知られており、秀吉の希望により晩年の千利休が作庭したと伝えられる「直中庭」や枯山水庭「破頭庭」、利休の師である武野紹鴎の茶室「昨夢軒」など、桃山文化を今に伝える遺構が残されています。
設立は室町時代。永禄5年(1562年)に織田信長は羽柴秀吉を伴い入洛、秀吉を京都所司代とし、父・信秀の追善菩提のために小庵を建てるよう命じます。
この小庵は大徳寺98世住持・春林宗俶を開祖に迎え「黄梅庵」とされ、これが黄梅院の始まりとされています。

それから約20年後の天正10年(1582年)6月2日、本能寺の変によって信長が急逝したのち、秀吉は黄梅庵を改築しますが、主君の塔所としては小さすぎるという理由より、大徳寺山内に別院を建立。
信長の法名・総見院殿から名称を取り、「総見院」とし、信長は総見院へ祀られることになります。
のちに大徳寺112世住持・玉仲宗琇の代になると、毛利元就の三男・小早川隆景の帰依を受け、堂宇を整備し、名称を「黄梅院」と改められます。天正16年(1588年)には隆景の援助で本堂が建立され、黄梅院はその後近世を通じて小早川氏の宗家・毛利氏の保護下におかれます。
戦国時代を生き抜いた毛利家、織田家の墓所のほか、小早川隆景、蒲生氏郷など数々の武将が眠る由緒正しき名刹です。

〈大徳寺塔頭 黄梅院墓所について〉
  • 宗旨・宗派は問いません。
  • 仏事は、黄梅院が執り行います。
  • 毛利元就、小早川隆景、織田信秀、蒲生氏郷の墓所・霊所あり。
  • 拝観は非公開(毎年春と秋に特別公開を行う)。
  • 墓域も一般非公開の落ち着いた空間。

※ご見学の際は、必ず事前に0120-08-1482(通話無料)までご連絡ください。

写真でみる黄梅院(大徳寺塔頭)

特徴

  • 著名人が眠る
    歴史上の人物や著名人が、このお墓に眠っています。
  • 休憩所あり
    お墓参りの際にひと休みできる休憩所が設けられています。
  • 駐車場あり
    無料駐車場をご用意しております。お車で安心してお越しください。

参考価格

※完売の場合はご容赦ください。最新情報は資料請求またはお問い合わせにてご確認ください。

交通アクセス

施設名 黄梅院(大徳寺塔頭) (おうばいいん(だいとくじたっちゅう))
住所 京都府京都市北区紫野大徳寺町83-1
経営主体
車をご利用の場合
公共交通機関をご利用の場合
JR各線「京都」駅より京都市バス101・205・206系統「大徳寺前」下車 徒歩約5分。

お電話での資料請求はこちら

0120-08-1482

0120-08-1482

お電話受付時間 9:00~20:00まで

資料請求
創業四百年 石長

私達は、慶長9年(1604年)の創業以来400年余りに渡って、
石工の技を受け継ぎ、伝えてきました。墓所のご要望や墓石のご希望をお伺いし、
その方にあったお墓のプランニングを行っています。

石長とは